arduino.ccのSoftwareのページに「Access the Online IDE」の表示があります。これは,arduino.orgが提供していたクラウド開発環境をインポートしたのではないかとアクセスして見たら,そのとおりでした。

…ということで,Windows10でArduinoのクラウド開発環境「Arduino Create」を使ってみましょう。

  1. arduino.ccのSoftwareのページを開き「Try it Now」をクリックします(図1)
  2. ログインします。arduino.ccのアカウントを持っていない場合はSign UPで新規登録します(図2)
  3. ガイドに従って「Arduino Create Agent プラグイン」のダウンロードとインストールを行います(図3,4)
  4. インストールフォルダをわかりやすい場所に変更します(図5)
    デフォルでインストールするとWindowsの場合は隠しフォルダ「AppData」配下にインストールされます。
    インストールが終わるとタスクバーにatduinoアイコンが出現します(図6)
  5. Arduino Create開発環境の利用
    Arduino Web Editorを開き、最初にArduinoボードを選択します。
    ボード選択欄をクリックします(図7) ボードとポートを選択します(図8)
  6. スケッチを書いてarduinoボードに書き込みます(図9,10)
  7. クラウドに保存
    [・・・]ボタンをクリックしてsaveします(図11)
  8. トレイアイコンからの起動
    トレイのarudinoアイコンをクリックしポップアップメニューの「Go to Arduino Create」をクリックします(図12)
    ブラウザが起動しArduino Createのページが開きます(図13)

    Arduino Createのページには次のリンクがあります(図13)

    1. Arduino Web Editor:クラウド統合開発環境
    2. Getting Start:プラグインとIoT環境設定
    3. Arduino Project Hub:hackster.ioのArduinoカテゴリ
    4. Need Help? Go to Forum:Arduino-Forumのcloud関連掲示板
    5. Arduino Store
    6. Arduino cloud:IoT環境
  9. Arduino Create Agent のアンインストール
    インストールフォルダを開きuninstall.exeを実行します(図14)
  10. 当然、Arduino CreateはMac, Linuxでも利用できます。それぞれのOSに合わせたArduino Create Agentプラグインがインストールされます。
  11. その他
    @kosamariによればArduinoクラウドのスケッチ書き込みソフトにSuz Hintonさん(@noopkat)のavrgirlが使われているとのこと。
    Suzさんとは昨年10月にニューヨークを訪問した時にお会いした。「avrdudeが使いにくいのでavrgirl を作っちゃいました。ソフトの名をdude(男)に対してgirlにしたんです」と言っておられた。世の中は狭い。