最近,STEM教育(科学・技術・工学・数学の教育)という言葉を良く聞くようになり,色々な団体が小中学生向けのワークショップを実施しています。
そのワークショップの多くはロボットを作ったり操作したりプログラミングを行ったりする技術系や工学系のモノが多いです。

そこで,科学や数学系のワークショップを構想しました。このとき,以前行っていた中学生向けのReapberry Piワークショップを思い出しました。このワークショップの後半ではRaspbianにバンドルされているMathematicaと新たにインストールした幾何学ソフトKSEGを使って数学の教科書の解説例題を確かめていました。

…と,言うことで久しぶりに幾何学ソフトKSEGをRaspberry Piで動かしてみることにしました。が,Raspbian jessie ではダイナミックリンクライブラリの構成が変わりKSEGが起動しません。KSEGの開発は止まりメンテナンスもほとんど成されていないようでRaspberry PiでKSEGを動かすのは,もはや無理と感じました。

後継のソフトがあるはずだと検索したところGeoGebra(GeoGebra.orgGeoGebra日本)がヒットしました。
幾何学描画,グラフ描画,数式処理などの機能が備わった「幾何、代数、解析を1つに結びつけた動的数学ソフトウェア」だそうです。
Rasberry Pi 向けのGeoGebraも用意されています。

(備忘)GeoGebre-Classic 6 のインストール

Raspbian jessie はapt-getでGeoGebra-Classic 4.0が簡単にインストールできますが現行バージョンの6.0をインストールします。

geogebra.orgの解説ではapt-getソースリストにgeogebraリポジトリのリンクを記述すれば良いと書かれていますが,うまく行かなかったのでRasPi用debパッケージファイルをダウンロードしてインストールすることにしました。

geogebra.orgのダウンロードページに掲載されているリンク「Raspberry Pi 3: Raspbian jessie/stretch」は別モノを指しているようで,ここからダウンロードした.debパッケージはインストールエラーが発生します。

Raspberry Pi用GeoGebra Classic 6 はここに収容されています↓

http://archive.raspberrypi.org/debian/pool/main/g/geogebra-classic/

ダウンロードしたdebパッケージは,dpkgコマンドかファイルマネージャからのダブルクリックでインストールします。
インストールが終了すると下のように「アプリケーションメニュー」→「教育・教養」→「GeoGebra Classic」が追加されます。

アプリケーションメニューに追加される

GeoGebra Classic 起動中

GeoGebra Classic 起動直後

幾何学図形描画 三角形の内接円を描いた

グラフ描画 二次式と一次式のグラフを描いた

CAS機能で二次方程式を解いた

アンインストール

「アプリケーションメニュー」→「Add / Remove Software」と進む

検索欄に「geogebra」と入力して検索
GeoGebra-Classic-6-xxxxx のチェックを外して[OK]をクリック