何年か前の入門セミナーのノートを見ながらKiCADを久しぶりにイジっています。(最新の安定版と思われる4.0.4を使用)
オートルータ(自動配線ツール)で引っかかったので解決策の備忘です。

  1. Webで連携するオートルータ”Freerouter”が使えなくなっていた。
  2. KiCAD自身が持っているオートルータは非力で実用に耐えない。
  3. ローカルで動かすFreerouterのバイナリをダウンロードして組み込めば良い。
    1. ここからダウンロードできる。
      https://github.com/freerouting/freerouting/tree/master/binaries
      .exeと.jarの二つがあるがFreeRouting.jarをダウンロードする。
    2. [重要]ダウンロードしたFreeRouting.jarを freeroute.jar とファイル名を変更する。
  4. freeroute.jarを動かすためにはJAVAの実行環境が必要なのでJREまたはJDKをインストールしておく。
  5. KiCAD(Pcbnew)への組込み。
    freeroute.jarを次のフォルダ配下に保存する。

    1. Windows
      C:¥Program Files¥KiCad¥bin¥
    2. mac
      /Applications/Kicad/kicad.app/Contents/Applications/pcbnew.app/\
      Contents/MacOS/
    3. ubuntu
      /usr/bin/
  6. 確認
    1. Pcbnewを起動
    2. Pcbnewのツールバーの”外部ルータ…”ボタン(下図印)をクリックする。
      → “Freerouterのエクスポートとインポート:”ダイヤログが開く。
    3. ダイアログ中の”Specctra Design形式で…”ボタン(下図印)が有効になっていれば組込みOK。

freeroute