勤務校のマイコン制御実習でLPC1114FN28を使おうかと準備をしている。
本日は実習用ボードと開発環境を検討して見た。webに先行事例がたくさんある

実験ボード

LPC1114FN28
AE-FT231X

プロトタイプで動作検証中

開発環境

mbedクラウド・コンパイラのmbed・LPC1114FN28プラットフォームを利用

しかし,クラウド・コンパイラがときどき利用不能になることがあります。実習中に利用不能になるとユーザ側では全く回復の目算が立たず授業運営が深刻な事態に陥るのでオフラインの開発環境を用意すべきと考えます。 mbedオフライン開発環境

書き込みソフトlpc21isp
ソース http://lpc21isp.sourceforge.net/

書き込みコマンド

$ lpc21isp -control -bin ファイル名 /dev/シリアルデバイス名 115200 48000

ファイル名 mbedコンパイラが吐くbinファイルの名
シリアルデバイス名 接続したusbシリアルデバイスポート名  例:/dev/cu.usbserial-DJ004OQF)
115200 通信速度
48000 LPC1114FN28のクロック周波数

FTDIチップでDTR,RTSの配線をしておくとIPSモードへの移行はlpc21ispから自動制御される。
手動でISPモードにするときは24番ピンをLOWにしておいて,23番ピンLOW-HIGHTとする。

macであればmorecat_labさんの方法を使えばmbedコンパイラからbinファイルをダウンロードしたら自動的に書き込むようになる。
AppleScriptでlpc21ispをmbedライクに使う