11日午後に秋月でESP-WROOM-32(以下ESP32と略す)を調達。で、12日はコレを変態実装して動かした。



先日作った、ESP8266用にプログラムモード自動遷移回路(写真下)をESP32向けに改編しようと接続して実験していた、

色々なタイミングでのプログラムの書込みをやっていたら…ESP32挙動不審な動作をはじめ、” flash read err, 1000 “が出現しプログラムの書き込みにエラーが発生するようになった。

ブートローダが壊れた…と考えてWebを検索したら類似の事例がヒットした。

flash read err, 1000 after deep sleep reset #117

これによればESP32が Flash encryption mode に突入した不具合らしいことがわかった。ESP-IDF のツールで元に戻せるらしいのでESP-IDF toolchainをインストールしてトライして見ます。結果報告は後日。