How to make

制御ボードGen6.d rev. B1

キット付属の制御ボードはGen6.d rev. B1。rev.B1はgen6.dから出力コネクタの追加やピン割付の変更がある。

Gen6.d rev. B1にgen6.d用のMarlinファームウェアが書込まれていた。このままでは,Y軸ストップエンドスイッチ他の状態を検出できない。
Marlinファームをgen6.d rev. B1 用に編集してファームを更新する必要がある。ファームの更新にはArduino IDEを用いる。
Gen6.dはATmega644P-AU搭載でSanguinoブートローダが書かれている。

ただし,Gen6.d rev. B1 はSanguinoとヒューズビットが異なっているので要注意。 JTAGを使わない設定のヒューズビット値とする必要がある。

制御ボードGen6.d rev. B1の挙動不振。
X軸をHomeポジションに移動させエンドストップのスイッチがONになるとヒートベッドの温度センス値がとんでもなく大きな値になってHaltする。
まともに動く事もある。
Gen6.dの回路図はあるが,rev. B1 の回路図は見つからない。

 

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.