How to make

KiCadでDXFファイルをインポートする方法

KiCadで「正しく」DXFファイルをインポートする方法
  1. 二次元CADで図形を描きます(例ではAR-CADを使用)
    描画原点を描画図形の左下に設定しています
    描画データをDXFファイルでエクスポートします
  2. KiCadのレイアウトエディタPcbnewを起動して次のように設定します。
    ① グリッドサイズを 5.0000mmにします
    ②「グリッド原点を設定」を選んで
    ③ 図面の任意の場所にグリッド原点を設定します
    ④ このとき,ステータスバーに表示されるカーソルの絶対座標値(X,Y)を記録します。
  3. DXFファイルのインポート
    ① メニューバー「ファイル」→「インポート」→「DXFファイル」と進みます
    「DXFファイルインポート」ダイアログが開きます
    ②「ユーザ定義の位置」を選択します
    ③ X位置,Y位置に先に記録したグリッド原点の絶対座標値を入力します
    (上記②③の操作でDXFファイルの描画原点とグリッド原点を一致させた)
    ④ インポート先のレイヤーを選択します
    「OK」をクリックしてインポートします
  4. 以上の操作で二次元CADで描いた図形をKiCadにインポートすることができます。
    この方法を準用すればフットプリントエディタにDXFファイルの描画データをインポートすることも可能です。
  5. 正しくDXFファイルをインポートする要点は
    ① インポートする図形の原点と基板原点を一致させる
    ② 寸法単位(mm, inch)を一致させる

Make

Make

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.