How to make

Arduino IDE に ATtiny45/85/2313 他の開発環境を組み込む

1.概要

  1. かつては自作のデバイス定義ファイルを公開・使用していましたが,それよりも遥かに充実しているSpence Konde氏の開発環境パッケージがリリースされましたので これを利用します。
  2. Arduino IDEにATtiny24/44/84/25/45/85/48/88/87/167/261/461/861/441/841/828/1634/2313/4313の開発環境をボードマネージャを用いて導入します。

2.開発環境導入

  1. インターネットに接続されていることが必須です。
  2. 下の直接リンクurlをコピーします。
    http://drazzy.com/package_drazzy.com_index.json
  3. Arduino IDEを起動し「環境設定」を開きます。
    win: [ファイル]→[環境設定]
    Mac:[Arduino]→[Preferences]
  4. 「追加のボードマネージャのURL」欄に先程コピーした直接リンクurlを貼り付け,[OK]をクリックして閉じます。
  5. [ツール]→[ボード:]→[ボードマネージャ…]と進みます。ボードマネージャウインドウが開きます。
  6. 検索をフィルタ」の欄にattinyと入力します。
    ATTInyCore by Spence Konde と ATtiny Modern(deprecated …..) by Spence Konde の2つリストされます。上側のATTInyCore by Spence Kondeをインストールします。
  7. ATTInyCore by Spence Konde の 欄 をクリックすると[インストール]ボタンが現れます。
  8. [インストール]ボタンをクリックするとクラウドからボードデータがダウンロードされインストールされます。
  9. ボードマネージャを閉じて[ツール]→[ボード:]と開くとATtiny24/44/84〜ATtiny2313/4313の項目が増えています。

3.使い方

  1. [ツール]→[ボード:]で使いたいATtinyのグループを選択します。図A
  2. [ツール]メニューを開くと[ボード:]の下にTimer〜Clockのメニューが追加されています。必要事項(通常はChipとClock)を自分の目的に合うよう選択して使います。図B,図C
  3. Clock等のFuse-Bitは[ツール]→[ブートローダを書き込む]でATtinyデバイスに書き込みます。
  4. 詳しい使い方は作者のSpence Konde氏のページを参照してください。

    図A ATtinyグループの選択

    図B Chipの選択

    図C Clockの選択

4.アンインストール

  1. ボードマネージャを開き「検索をフィルタ」欄にattinyと入力
  2. ATTInyCore by Spence KondeのMore info をクリック。
  3. [削除]ボタンをクリック

5.参考

  1. ボードマネージャでインストールされたこの環境は下のように赤字の隠しフォルダ配下にATTinyCoreのフォルダ名で収容されています。
    win: C:\ユーザ\[ユーザ名]\AppData\Local\Arduino15\packages\ATTinyCore\
    Mac: /Users/[ユーザ名]/Library/Arduino15/packages/ATTinyCore/
  2. ATTinyCoreの定義の記述修正はATTinyCoreフォルダ配下をたどって行くとboards.txt, platform.txtがあります。これを修正することで定義を自在に変更できます。

6.その他

 

 

 

upload 2016.12.28 kimio kosaka

 

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.