How to make

Arduino IDE に ATtiny10/13 の開発環境を組み込む

0.改訂情報

  • 開発環境をArduino IDE ボードマネージャからインストールできるようにしました。
  • Arduino IDE 1.8.5 の内蔵avr-gccコンパイラがATtiny10に対応していました。
  • ATtiny10/13用の定義ファイルをbitDuino_2017にアップデートしました。
  • クロック選択が可能になりました。
  • board.txtの記述誤り訂正(ATtiny10のRAM容量32を64と誤っていた)

1.概要・注意

  1. ver.1.8.5 以降の Arduino IDE に ATtiny10, ATtiny13 の開発環境を導入します。
  2. ver.1.8.5 よりの前のArduino IDEでは ATtiny10用スケッチのコンパイルができません。
  3. Lauszus/Sanguinoをボードマネージャからインストールすると古いバージョンのコンパイラ(avr-gcc)がオーバーライドされATtiny10のコンパイルができなくなります。(参考:Arduino IDEで勝手にAVR-GCCが書き換えられる件

2.開発環境のインストール

  1. インターネットに接続されていることが必須です。
  2. 下の直接リンクURLをコピーします。
    https://kimio-kosaka.github.io/bitDuino10/package_bitDuino10_index.json
    https://kimio-kosaka.github.io/bitDuino13/package_bitDuino13_index.json
  3. Arduino IDEを起動し「ファイル」→「環境設定」と進みます。図1
    「追加のボードマネージャのURL」欄に先ほどコピーした直接リンクURL(2行)を貼り付け[OK]をクリックして閉じます。図2
    図1 図2
  4. [ツール]→[ボード:]→[ボードマネージャ…]と進みます。図3
  5. ボードマネージャウインドウが開きます。
    最後尾までスクロールするとKosaka.Lab提供の2つの環境(bitDuino10とbitDuino13)がリストされるはずです。図4
  6. 必要に応じてbitDuino10もしくはbitDuino13,あるいは両方をインストールします。
    図3 図4
  7. 「ツール」→「ボード:」と進みボードリストの下の方にスクロールし,bitDuino10,bitDuino13の項目が見えれば正しくインストールされています。図5
    図5
  8. bitDuino10,bitDuino13は,まりす氏(@maris_HY)の世界最小?のArduino互換ボードを作ってみた(暫定版)」のArduino IDE 1.0.x用ATtiny10/13定義ファイル群「bitDuino」Arduino IDE 1.6.x 1.8.x 向けに再構築したものです。

3.コンパイル動作確認

  1. ATtiny10, ATtiny13 の選択

    「ツール」→「ボード: >」と開くとボード選択メニューの最下方にATtiny10(bitDuino10), ATtiny13(bitDuino13)が表示されるので使用したいモノを選択します。

  2. スケッチ

    下のスケッチを入力します。

    #define PIN 3
    #define DTIME 500
    
    void setup() {
      pinMode(PIN, OUTPUT);
    }
    
    void loop() {
      digitalWrite(PIN, HIGH);
      delay(DTIME);
      digitalWrite(PIN, LOW);
      delay(DTIME);
    }
  3. 検証(コンパイル)
    1. [ツール]–>[ボード:]でATtiny13(bitDuino13)を選択します。
    2. [ツール]–>[Clock:]で1.2MHz(Internal)を選択します。
    3. [検証]ボタンをクリックしてスケッチのコンパイルを行います。
    4. さらにATtiny10(bitDuino10)とClock:8MHzを選択し[検証](コンパイル)を行います。
    5. エラーが出なければATtiny10/13開発環境は正しくインストールされています。

  4. 動作しないとき

    正しくインストールしたはずなのに動かない。動いていたのに突如動かなくなった。という場合はこちらをチェックしてください。Arduino IDEで勝手にAVR-GCCが書き換えられる件

4.注意情報

  • ATtiny13にはクロック128KHz(Internal)以下の動作モードがありますが,AVRライタが「低速クロック」に対応していないと読み書き不能になるため,クロック選択メニューから外してあります。
  • ATtiny13を低速クロックにして読み書きできなくなった場合,次の方法で復元できるようです。
  • ATtiny10は動作クロックの変更方式がATtiny13と異なるため読み書き障害は発生しませんが,低速クロックの場合delay関数による待ち時間の精度がかなり悪くなるため,125KHz未満のクロックは選択メニューから外してあります。

5.その他

改訂来歴
  • update 2017.12.04 開発環境をArduino IDEのボードマネージャからインストールするようにした
  • update 2017.12.04 Arduino IDE 内蔵avr-gccコンパイラがATtiny10に対応したのでコンパイラの差し替えの記述を削除
  • update 2017.01.05 定義ファイルをbitDuino_2017.zipにupdate
  • upload 2016.12.28 kimio kosaka

 

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.