How to make

Arduino IDE に ATtiny10/13 の開発環境を組み込む

0.改訂情報

  • ATtiny10/13用の定義ファイルをbitDuino_2017にアップデートしました。
    • クロック選択が可能になりました。
    • board.txtの記述誤り訂正(ATtiny10のRAM容量32を64と誤っていた)
    • ファイルのダウンロードは本文2.1.「定義ファイルのダウンロード」参照

1.概要

Arduino IDE 1.6.x,Arduino IDE 1.8.x. に ATtiny10, ATtiny13 の開発環境を導入します。

2.開発環境導入

次の手順で,定義ファイルの追加とAVR開発ツールの差し替えを行います。

  1. 定義ファイルのダウンロード

    Arduino IDE 1.6.x 1.8.x用 bitDuino_2017.zip
    まりす氏(@maris_HY)の世界最小?のArduino互換ボードを作ってみた(暫定版)」のArduino IDE 1.0.x用ATtiny10/13定義ファイルArduino IDE 1.6.x 1.8.x 向けに再構築しました。

  2. avr-gcc開発ツールのダウンロード

    Arduino IDEに対応させたATtiny10用のコード生成もできる avr-gcc ver.4.9.2 です。

    1. Windows用 avr-win_v1.0.0.zip
    2. Mac用 avr-mac_v1.0.0.zip
  3. 定義ファイルの追加
    1. bitDuino_2017.zipを解凍します。
      bitDuino_2017フォルダが生成されます。
    2. 自分のスケッチが保存されるフォルダ(Windows であればマイドキュメント\Arduinoなど)を開きます。
      スケッチ保存フォルダが不明な場合はArduino IDEを起動し[ファイル]–>[環境設定] (Macの場合は[Arduino]–>[Preference] )の「スケッチブックの保存場所」を見ます。
    3. スケッチが保存フォルダにhardwareフォルダがあればその中に(無いときはhardwareフォルダを作成しその中に)解凍生成されたフォルダbitduino_2017配下のbitDuino10とbitDuino13を移動します。
  4. 【Windows】avr-gcc開発ツールの差し替え。

    (ATtiny10を使う予定がなければ差替え不要です)

    1. avr-win_v1.0.0.zipを解凍します。
      avrフォルダが生成されます。
    2. エクスプローラでc:¥”program Files”¥arduino¥hardware¥toolsと開きます。
    3. avrフォルダをavr-orgと名前変更します。
    4. 解凍生成したavrファルダをavr-orgと同じ場所に移動します。
  5. 【Mac】avr-gcc開発ツールの差し替え。

    (ATtiny10を使う予定がなければ差替え不要です)

    1. avr-mac_v1.0.0.zip.zipをダウンロードフォルダで解凍します。
      avrフォルダが生成されます。
    2. ターミナルを起動します。
    3. 次のコマンド操作で開発ツールを差し替えます。
      $sudo mkdir /usr/local/Arduino
      $sudo mv ~/Downloads/avr  /usr/local/Arduino/
      $cd /Applications/Arduino.app/Contents/Java/hardware/tools/
      $mv avr avr-org
      $ln -s /usr/local/Arduino/avr/ ./
    4. Crosspack-AVRをインストールしている場合は次の操作でアンインストールしておきます。
       $sudo /usr/local/CrossPack-AVR/uninstall

3.コンパイル動作確認

  1. ATtiny10, ATtiny13 の選択

    「ツール」→「ボード: >」と開くとボード選択メニューの最下方にATtiny10(bitDuino10), ATtiny13(bitDuino13)が表示されるので使用したいモノを選択します。

  2. スケッチ

    下のスケッチを入力します。

    #define PIN 3
    #define DTIME 500
    
    void setup() {
      pinMode(PIN, OUTPUT);
    }
    
    void loop() {
      digitalWrite(PIN, HIGH);
      delay(DTIME);
      digitalWrite(PIN, LOW);
      delay(DTIME);
    }
  3. 検証(コンパイル)
    1. [ツール]–>[ボード:]でATtiny13(bitDuino13)を選択します。
    2. [ツール]–>[Clock:]で1.2MHz(Internal)を選択します。
    3. [検証]ボタンをクリックしてスケッチのコンパイルを行います。
    4. avr-gcc開発ツールの差替えを行っている場合は,さらにATtiny10(bitDuino10)とClock:8MHzを選択し[検証](コンパイル)を行います。
    5. エラーが出なければATtiny10/13開発環境は正しくインストールされています。

  4. 動作しないとき

    正しくインストールしたはずなのに動かない。動いていたのに突如動かなくなった。という場合はこちらをチェックしてください。Arduino IDEで勝手にAVR-GCCが書き換えられる件

4.注意情報

  • ATtiny13にはクロック128KHz(Internal)以下の動作モードがありますが,AVRライタが「低速クロック」に対応していないとの読み書き不能になるため,クロック選択メニューから外してあります。
  • ATtiny13を低速クロックにして読み書きできなくなった場合,次の方法で復元できるようです。
  • ATtiny10は動作クロックの変更方式がATtiny13と異なるため読み書き障害は発生しませんが,低速クロックの場合delay関数による待ち時間の精度がかなり悪くなるため,125KHz未満のクロックは選択メニューから外してあります。

5.その他

 

update 2017.01.05 定義ファイルをbitDuino_2017.zipにupdate
upload 2016.12.28 kimio kosaka

 

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.