ストロベリーリナックス秋月電子で販売しているI2C小型LCD用のピッチ変換基板を作った。
今まで,ピンを曲げて無理やりユニバーサル基板に装着していたがコンパクトに実装する必要があって製作した。

EAGLE-CADのデータをココに置きますので,ご利用ください。

製作上の注意
チップコンデンサの代わりに5mm幅の積層セラコン(リード部品)を使う事ができます。
写真のようにリード部品をパターン側から挿入しハンダ付けします,部品リードがLCD取付面に出ているとLCD背面を傷付けるので部品リードは基板の厚み以下になるように短く切ります。

秋月電子からピッチ変換基板が販売されています。