@tokoyaさんのtweet

スマホのカメラがこれだけ高性能化したんだから、その技術を使ってメガネに取り付けできる超小型人間用ドライブレコーダーを作って欲しい。常に撮影し続けていて、何かトリガーすると30秒前ぐらいからの動画をストレージに保存できるような感じで。バッテリーとかの問題は色々とありそうだけど。

を,見て「コレ,手持ち部品ですぐできる。作ろう!」とさっそくやって見ました。

パーツ

  1. いつも掛けている眼鏡
  2. Raspberry Pi B3
  3. モバイルバッテリ
  4. 超小型カメラユニットSony IU233
  5. 同上用USBインターフェースユニット

製作

  1. メンディングテープ,両面テープ,木綿糸でカメラユニット,インターフェスユニットを眼鏡のフレームに固定します。
  2. ソフトウエアはFreeの動画キャプチャソフトを利用します。
  3. 通常は30秒毎に録画(録画ファイル)をリフレッシュしていて,スイッチ押下等のきっかけで30秒動画を動画スタックにプッシュするプログラムを新たに作ります。

考察

  1. どれぐらいの時間 連続稼働できるか不明
    RasPi-3はRasPi-zero(w)にして省エネにした方が良さそう
  2. 録画リフレッシュはMicroSDカードの書き込み耐久試験になりそう…すぐにダメになるかも。
  3. 装着した感じは違和感なし。傍からの見た目はどうかわからない。