1. 概要
    1. 特定用途向けFirmataのソースファイルを半自動で生成するWebページ Firmata Builder があります。
      http://firmatabuilder.com/
    2. ここでは,Firmata Builder でWiFi用Firmataを生成しESP-8266モジュールに書き込んで動かします。
  2. 使ってみる
    1. ConfigurableFirmataライブラリをダウンロード
      https://github.com/firmata/ConfigurableFirmata の
      [Clone or download]→ Download ZIP と進み
      ConfigurableFirmata-master.zip をダウンロードします。
    2. ConfigurableFirmata-master.zipをArduino IDEにインストール
      Arduino IDEを起動し,メニュー「スケッチ」→「ライブラリをインクルード」→「.ZIP形式のライブラリをインストール…」と進み,ダウンロードしたConfigurableFirmata-master.zipを選択してインストールします。
    3. カスタムFirmataのパラメータの設定
      Firmata Builder(http://firmatabuilder.com/)を開き各種パラメータを設定します。
    4. ダウンロード/展開・移動
      ページの下方のDownload欄にファイル名(例ではfirmata_esp-8266)を入れて[Build and Download]をクリックします。

      ダウンロードしたfirmata_esp-8266.zipを展開生成したfirmata_esp-8266フォルダをArduinoスケッチフォルダに移動します。
    5. Arduino IDEを一旦終了して,再度立ち上げます。
    6. firmata_esp-8266を開きます。
    7. char wpa_passphrase[] = “your_wpa_passphrase”;の行を探します。
      your_wpa_passphraseを自分のパスコードに書き換えます。
    8. firmata_esp-8266をコンパイルしてESP-8266モジュールにアップロードします。
  3. ESP-8266をWiFi-firmata接続して利用する例は下記をご覧ください。

    Johnny-fiveとESP-8266をWiFi接続してIoT