How to make

Arduino IDE に ATmaga88P/328P/644P 他の開発環境を組み込む

0.改定情報

  • ボードマネージャのクラウドインストールに対応させました。

1.概要

  • Arduino IDEに ATmega88P/168P/328P/644P/1284P/64 の開発環境をボードマネージャを用いてクラウドサーバからインストールします。

2.開発環境導入

    1. インターネットに接続されていることが必須です。
    2. 下記の直接リンクURLをコピーします
      https://kimio-kosaka.github.io/ATMegaCore/package_ATMegaCore_index.json
    3. Arduino IDEを起動し「環境設定」を開きます。
      win: [ファイル]→[環境設定]
      Mac:[Arduino]→[Preferences]
    4. 「追加のボードマネージャのURL」欄に先程コピーした直接リンクURLを貼り付け,[OK]をクリックして閉じます。
    5. [ツール]→[ボード:]→[ボードマネージャ…]と進みます。ボードマネージャウインドウが開きます。
    6. 検索をフィルタ」の欄にatmegaと入力します。
    7. ATMegaCore by Kosaka.Lab の欄 をクリックすると[インストール]ボタンが現れます。
    8. [インストール]ボタンをクリックするとクラウドからボードデータがダウンロードされインストールされます。
    9. Arduino IDE のメニューで「ツール」→「ボード:」と進むと下のようにATmega88t〜ATmega64がリストされているはずです。

3.使い方

  1. 「ツール」→「ボード:」と進み使いたいデバイスのグループ(ボード)を選択します。図1
  2. 「ツール」→「ボード:」「プロセッサ」を選びます。図2
  3. 「ツール」→「ボード:」「Clock」を選びます。図3
  4. 「ツール」→「ブートローダを書き込む」操作により選択したクロックの設定をfuse bitに反映することができます。fuse書換と同時にプログラムの消去が行われます。

    図1 ボード選択

    図2 プロセッサ選択

    図3 クロック選択

4.その他

5.情報

  1. Githubのhttps://github.com/kimio-kosaka/ATMegaCoreで定義ファイルのソースを公開しています。
  2. ATtiny644P/1284P はLauszus/Sanguinoから引用しました。
    注意:Lauszus/Sanguinoへの直接リンクurlを使ってボードマネージャからインストールするとavr-gccコンパイラ環境が書き換えられてしまいます。

 

 

update 2017.11.03 ボードマネージャのクラウドインストールに対応させました。
upload 2016.12.28 kimio kosaka

 

Copyright © kosakalab All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.