2016年7月15日〜19日金沢輪行の記録です
  1. 概要
    1. 7月15日〜19日の5日間の行程。
    2. 東京から金沢まで日本海側回りで往復します。
    3. 東京ー直江津を輪行します。
      青春18きっぷ期間外なので通常切符を使います(期間内であっても日本海側の第三セクタ鉄道路線は18きっぷは使えません)
    4. 直江津ー金沢は自転車行し状況に応じて輪行に切り替えます。
    5. 17日,18日は金沢市内外を散策します。
  2. 7月15日
    大崎駅ー直江津駅・輪行 289km 6.5時間
    大崎/1711→1907/高崎/1933→2039/水上/2050→2124/越後湯沢/2230→2344/直江津
  3. 7月16日
    1. 直江津ー泊・自転車行 72km
      泊駅を最短目標にし,夜通し走って行けるところまで行きます。富山市近くまで行きたいと思っていましたが泊駅が限界でした。
    2. 泊駅ー金沢駅・輪行 108km 2時間
      泊/0829→1042/金沢

      クリックするとGoogleMapが開きます
      GoogleMapのWayPointをクリックすると写真などが表示されます。

  4. 7月17,18日金沢市内自転車徘徊
    自転車の機動力を活かして散策しました。

  5. 7月19日
    1. 金沢ー泊・自転車行 113km
      18:30頃〜04:00頃まで夜通し走りました。
    2. 泊駅ー大崎駅・輪行 356km 5時間
      泊/0549→0703/直江津/0710→0830/越後湯沢/0909→0933/高崎/1014→1210/大崎
      越後湯沢ー高崎は新幹線を利用。さすがに新幹線は早いです在来線で1時間超かかるところを30分弱で結びます。

      クリックするとGoogleMapが開きます
      GoogleMapのWayPointをクリックすると写真などが表示されます。

  6. 感想
    1. 金沢行帰りの自転車走行はすべて夜間ロングライドです。真っ暗の中の走行です。
      自転車のハンドルに付けたスマホ・ナビを見ながら坦々と走ります。

      深夜行は,いい景色を見るわけでも,旨いものを食べるわけでもなく坦々と走ります。

      「単に走るだけで何が面白いんだ?」と聞かれたら「そこ」が面白いと答えるしかありません。

    2. 17日,18日はNT金沢の展示会場を時々離脱して金沢市街・郊外を徘徊しました。自転車の機動力を活かして色々なところを散策しました。金沢は良いところだ〜
    3. 2泊5日という強行軍でした。金沢での2泊も畳があるだけの大部屋で寝具など一切なしでゴロ寝。若い頃に野宿連続10日間バイクツーリングとかやっていたので「屋根があって夜露が凌げ畳もあるのは天国」と思い出し苦笑しました。この年になっても過酷な旅ができる自分をホメたい。
    4. マウンテンバイクの巡航速度は遅いです。11km/hぐらい。ロードバイクだと相当早く走れ距離が稼げると思いますが,暗闇の中を河川敷のダート路を走るような用途には使えません。シクロクロスバイクが良いかも知れません(2017年シクロクロスバイクを調達しました)